So-net無料ブログ作成
検索選択

おかわりMINIミニ? MINI SEVEN ディーゼル試乗 [MINI F56]

so2017012.jpg

正面入り口付近の外観(パノラマ写真)です。
BMW MINIの結構大きなショールームに行って来ました。

BMW GROUP Tokyo Bayのショールームです。
昨年2016年7月にオープンしたビー・エム・ダブリュー株式会社100%出資会社の施設です。
車の販売(新車・中古車)はもちろんですが、バイクもあったり、カフェが併設されていたり・・・
試乗の予約をネットで申し込めばショールームに入らなくても試乗専用のカウンターがあるので
気軽に試乗だけを楽しむことも可能です。
通常のディーラーで営業マンにネチネチ絡まれることなく気軽に試乗が出来ます。

今回は「MINI SEVEN」ミニセブンの実物モデル?を見てみたくて訪問しました。

SEVENセブンです。

so2017010.jpg

現在乗っているのがエレクトリックブルーという明るめの水色メタリックのボディーカラー。
しかも白屋根。
ポップで可愛らしいボディーカラーなのですが、少し飽きてきたのかも・・・
来年3月の車検前におかわりミニの検討を、ほんの少しだけ、ほんの少しだけ、考えてまして、

so2017011.jpg

ボディーカラーのソリッドの濃いブルーに少しゴールドっぽいシルバーのルーフ色。
おかわりするなら、このボディーカラーもいいなぁ。
実際にこの目で見てみて、結構気に入りました。

so2017014.jpg

内装のブラウンの指し色も感じがいいです。
現行のMINIミニは以前のモデルよりも少し落ち着いた大人向けモデル?に感じます。
内装も外装も大人っぽく感じます。(オプションをつけないと質素ですが・・・)
ポップなミニもいいですがシックなミニもいい! 

so2017013.jpg

せっかくなのでディーゼルの試乗車に乗ってきました。
クーパーのディーゼル。MINI COOPER D 3DOOR AT。
3気筒1500ccのディーゼルターボAT車です。
現時点で購入するなら外観デザイン優先でクーパーです。
今後クーパーSのデザインが自分にとっていい方に変われば別です。

たまたま試乗車のボディーカラーもソリッドの紺色。ラピスなんちゃらブルー。
ショールームで見ても、屋外で見てもイイ色です。


so2017015.jpg

試乗してみた結論から言うとクーパーのディーゼルモデルは個人的には無しかな。
価格もディーゼルの方が高いですが、燃料代も考えて3年間のトータルコストが同じになっても、
あえてディーゼルモデルを選ぶことは無いかな。
静かでスムーズになったと言われているBMWのディーゼルですが、やはり振動と音は気になります。
ガソリンモデルも低速時は3気筒ならではの振動はありますが、別次元です。
ディーゼルは低回転のトルクうんぬんと言われますが、そもそもガソリンエンジンも
低回転からターボがかかるので常用のエンジン回転数は1000~2000回転の間です。

ガソリンエンジンの方がはるかにフィーリングがいいです。
我が家のミニがマニュアルトランスミッションということもあるかもしれませんが・・・

エンジンとは関係ありませんが、もうひとつ気になったことがあります。
乗り心地です。
なんか、足回りが硬くなったような気がします。気のせいかなぁ・・・妻も同意見なんです。
明らかに段差を乗り越えた時のショックの当たりが強い。
試乗車の総走行距離ですが数千キロ走っていたので、足回りはそれなりに馴染んでいるはずです。 
試乗車175/65R15、我が家のミニが205/45R17です。
我が家のミニのほうが路面ショックが柔らかで乗り心地がいいです。
ちょっとした謎です。
試乗車の空気圧が異常に高かったのか、我が家のミニが2万キロにしてポンコツ入りしたのか・・・

 


タグ:BMW MINI Cooper F56
nice!(1) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。