So-net無料ブログ作成
検索選択

MINI F56 ブレーキパッド交換 ノンダストタイプ ダスト軽減 [MINI F56]

so20170405.jpg

輸入車はブレーキパッドのダストの量が多い傾向にあります。
日本の場合と比べて欧州では速度レンジが高いためだと思います。
ブレーキが効くことは大変いいことです。効かないよりは効いたほうが安全ですし・・・

ただ、ホイールが汚れてしまうのは嫌なんです。
ブレーキパッド、ブレーキディスクの磨耗が早いのも嫌なんです。

今回も納車と同時にダストの少ないブレーキパッドに交換済みです。

納車時にはノンダストタイプのブレーキパッドはあまり選択肢がありませんでした。
今まで使用したことがあるクランツ製やディクセルは発売されていませんでした。
プロジェクトμ(ミュー)とmonが共同開発したブレーキパッドにしました。
プロジュクトμ(ミュー)EURO ECO と同じような気がしますが・・・・

mon x プロジェクトμ ストリートタイプ

工賃込みで33,000円でした。

ブレーキのダストについてはダスト量は激減してホイールが綺麗で満足しています。

ブレーキの効きは交換したばかりは?と思いますが、踏み込んでいくと奥で効くタイプです。
初期制動があまいので効きが悪くなったように感じるかもしれませんが、
個人的にはカックンブレーキよりも踏力に比例して効くブレーキパッドは好きです。
ブレーキの本来の性能は満足できるものだと思います。
日本国内の走行でしたら、ブレーキ性能は純正から極端に落ちるわけではないのです。

ブレーキ鳴きについては冷間時の初期やふと気づくと時々鳴いています。
個人的には気になりませんが、純正パッドや他のメーカーでも鳴く可能性はあります。

先日の2年目の12ヶ月点検時、総走行距離25,000キロでしたが、
ブレーキパッドの残量はフロント9.4ミリ、リア8.6ミリ
ディスクの残量はフロント基準+0.7ミリ、リア基準+0.7ミリでした。

この耐摩耗性ならば、純正ブレーキパッドよりもかなり交換時期が先になりそうです。
ディスクの磨耗も少ないようですしね。

2017年現在はいろいろなメーカーからブレーキパッドが販売されています。
次回交換する時は選択肢が増えたので嬉しいです。
まぁ、ダスト軽減のブレーキパッドの性能は各社大差はないと思いますが、
重要な部品ですので、ある程度知名度の高いメーカーを選びたいですね。




タグ:F56
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。