So-net無料ブログ作成
検索選択

べスパ注文したよ Vespa PX125 Euro3 べスパPX125 ユーロ3 [Vespa PX125 Euro3]

so009.jpg 
 
Vespa PX125 Euro3

べスパのPX125ユーロ3を注文しました。
いまどき珍しい、2ストロークのマニュアル(ハンドチェンジ)のスクーターです。

12年前、マジェスティ125を購入する際に、オートマのべスパも購入候補に入っていたのですが、
自分の身長が低くて足つき性に不安があったため購入を断念しました。

それから数年後、再びべスパ購入欲が沸々と・・・・
排気量は125cc。
当時はオートマのLXとハンドチェンジのPX125が存在していたのですが、いろいろ悩んでいるうちに
PX125の輸入が終わってしまいました。

それが、昨年末に今年からPX125の輸入が再開されるとの情報が出てきました。

マジェスティ125はもともと今年の3月にはサヨナラする予定でしたので、
この情報は、タイミング的にちょうど良かったのかも?と思いました。
ただし、マジェスティ125は12年間で総走行距離が4,000キロ弱という使い方。
バイク所有の必要性がほとんど無いに等しいです。
しかも必要無いものを購入出来るほど家計に余裕はありません。

・・・・・しかし、べスパは一度は所有してみたかったバイクです。

情報によると、排ガス規制の関係で2サイクルの生産は今年が最後らしいとのこと。
しかも正規輸入の台数も少ないらしい。
今回を逃すと新車で購入することは出来なくなるかもしれません。

数日間、ねっとりと妻を説得して、なんとか購入許可がもらえました。
いつもボクのわがままを聞いてくれる妻に感謝です。

バイク自体は先月末にお店に入荷済みです。
今は納車前のガッツリとした整備をしてもらっています。

納車が非常に楽しみです。


タグ:VESPA PX125
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

BMW MINI COOPER F56 ミニクーパー始めています [MINI F56]

so011.jpg 
 
BMW MINI F56 ミニクーパーに乗り換えました。

車の2台持ちは3年間限定と妻と約束していたので涙をぐっとこらえての1台体制に。
富豪だったらよかったのに・・・

カングーは荷物がたくさん載せられてのんびり、ゆる~く乗れる車。
トゥインゴはスポーツ走行がめちゃくちゃ楽しい車。
非常に理想的な2台体制でした。

カングーとトゥインゴRSのどちらかを売却して1台にするか、
2台とも売却して新たに1台購入するかを検討しました。

トゥインゴRSは左ハンドルのMT(マニュアル)車でした。
妻は運転の練習をしてくれてマニュアルの操作は慣れてくれたのですが
坂道発進がどうしても緊張して苦手らしいです。坂道をさけてお買い物に・・・
そもそも、ボクから見るとトゥインゴRSは妻の雰囲気に似合っていない・・・

妻も気軽に運転することを考えるとAT(オートマ)車のカングーを残すのが普通だと思います。
しかし、ボクにはもっさりさんのデカングーは運転を楽しむ車だとは思えませんでした。
カングーを残すのはボクにとっては・・・

それならば妻が運転しやすいMT車?ならばOKかな?ということで、
2台を売却して新たに1台を購入することに決めました。

購入条件は車体があまり大きくなくキビキビ走り、坂道発進のサポートが付いているMT車。

そもそもMTの設定がある車って少ないんですよね。
その中で、以前から所有してみたかったBMW MINIが購入候補に急浮上してきました。

so012.jpg

現行モデルはBMWのMINIになってから3代目。
1代目、2代目は何回も試乗はしていたのですが、乗り心地があまりにもハードだったことと
当時はサーフィンに行く回数が多かったので、使い勝手の面でも購入には至りませんでした。

3代目の現行モデルF56タイプが発売されてからは、結構な回数試乗させてもらいました。
一番変わったことは乗り心地が先代よりもだいぶ良くなったことだと思います。
MINIらしい路面からのダイレクト感は健在ですが、あたりが柔らかになったというか・・・
少し上品になった感じがします。
しかし、ハンドルを切ったときのクイック感は健在です。
ボディーの大きさはミニとはいえないかもしれませんが、最近の車はどれも大きくなってきているので
現行MINIは、少し強引かもしれませんがやはりミニだと思います。

MT車ですが、妻にとって必要なヒルスタートアシスト(坂道でブレーキを離すと2秒ほどブレーキがかかる)も装備されています。
しかもアイドリングストップが付いているので、エンストしてもクラッチを踏めばすぐにエンジンがかかりエンストしたことがバレにくい。
シフトダウン時のオートブリッピング、走りはじめにクラッチを上げていくとアクセルが自動に補助・・・・
とにかく楽チン装備が付いたMT車です。

このMINIならば、2台売却して1台だけにしてもワクワク感が得られるのではないかと、購入を決めました。

so013.jpg

MINIでMT車が選択出来るのは3ドアモデルの3気筒1200ccターボのワン(ONE)、3気筒1500ccターボのクーパー(COOPER)、4気筒2000ccターボのクーパーS(COOPER S)があります。

クーパーSはボクにとってはめちゃくちゃ速過ぎるのと、正面のデザインがSよりもクーパーの方が好き。ワンは街中では不満はない走りだけどワクワク感が足りない。
そんなこんなで、走りとデザインで一番バランスのいいクーパーを選択しました。

MINIはたくさんのメーカーオプションがあるので全てオーダーして買うことが出来ます。
ただし、納期は4ヶ月ほどかかるそうです。

当初はオーダーで購入しようと考えていたのですが、4ヵ月後の2台の下取り価格のことと、
エコカー減税、営業さんからのほにゃら~ららな提案があって・・・
在庫車の中で希望に近いオプションが装備されている車両を購入しました。
・・・本当はステアリングに付くマルチファンクション(クルーズコントロール付)が欲しかったのよ。

◎車両

MINI COOPER 3DOOR M/T 2,660,000円

◎メーカーオプション
ボディーカラー/エレクトリックブルー  59,000円
MINI MINTパッケージ  168,000円
 (LEDヘッドライト)
 (LEDフロント・フォグランプ)
 (ホワイト・ターン・シグナル・ライト)
 (ライト・パッケージ)
 (MINIエキサイトメント・パッケージ)
 (ストレージ・コンパートメント・パッケージ)
 (レイン・センサー・自動ドライビング・ライト付)
 (MINIドライビング・モード)
ナビゲーションパッケージ  178,000円
 (ナビゲーション・システム)
 (MINIコネクテッド)
 (アームレスト)
クロームラインインテリア  24,000円

◎延長保証(2年)

MINI WARRANTY+(2年)  84,800円  

◎税金保険
自動車税・取得税・重量税・自賠責   84,240円

◎販売諸費用
手続き代行費用・リサイクル預託費用等   76,420円

◎総合計 3,334,460円

ちなみにルノー車2台を売却した費用で購入したのですが、売却額のほうが高かったため、
販売店から差額金が支払われるという初めての経験をしました。

さあ、10年ぶりのドイツ車(イギリス生産?)、BMWミニクーパーさんを楽しもうと思います。
 
so010.jpg 
 
 

nice!(0) 

フィアット500。12ヶ月点検。1年目。 [フィアット500]

031.jpg

先日フィアット500の1年目の12ヶ月点検をマイディーラーにお願いしました。

総走行距離 8,625キロ

※追加でお願いした項目 
・1カ月前にエンジンチェックランプが点灯したので、その確認。
・12ヶ月点検の点検項目にプラグの状態の確認があるので、プラグの交換をお願いしました
点検ついでにお願いすれば工賃節約できますからね。

今回もカングーと同様のNGKのイリジウムタイプをチョイスして持ち込みました。
NGK IRIDIUM MAX・DCPR7EIX-P

032.jpg

12ヶ月点検項目には特別異常はなし。
エンジンチェックランプの件はO2センサーの異常が検知されていたようです。
特別走行に支障が出ていなかったのでセンサーのコネクタを再接続。エラーリセット。
様子を見てくださいとのこと。

しかし点検料金にビックリです。確実に高級車並みですね。
今まで乗った車の中で一番高い12ヶ月点検料金です。
しかも今回は無理言って1日で作業を完了してもらいましたが、通常は2、3日預かるそうです。
12ヶ月点検項目数から考えても2、3日かかる作業って????????
日本車からの乗り換えを考えている人は注意ですね。

◎今回の費用
12ヶ月点検費用          22,050円
早期事前予約割引        -2,205円
小計                 19,845円   
プラグ代金(ネットリ通販)        4,198円
合計                    24,043円  

 

NGK イリジウムMAXプラグ DCPR7EIX-P 1本

NGK イリジウムMAXプラグ DCPR7EIX-P 1本

  • 出版社/メーカー: 日本特殊陶業(NGK)
  • メディア:

 


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

海までドライブ。ノーサーフィング。 [ライフ]

029.jpg

最後に海(サーフィン)に行ったのはいつの事だったのか。
写真データで調べてみると2010年の10月に大原でサーフィンを楽しんでます。
翌月の11月にはレーシックの手術を受けた為サーフィンはしばらく休止。
翌年春にはサーフィン活動再開の予定。
しかも、念願だったコンタクト無しの裸眼でのサーフィンライフのスタートのはずでした。

しかし・・・・
2011年3月11日 東日本大震災発生。

震災後初めてサーフポイントへドライブに出かけてきました。
澄み切った高い空、青い海、波の音・・・・・・ノーサーフィングでも実に気持ちがいい。

今シーズンからサーフィンライフ復活出来るのかな・・・・


nice!(2)  コメント(4) 

ボディーをチェンジしましたよ。PENTAX K-5。 [カメラ]

028.jpg

「開眼、ISO51200」

お手頃価格になってきたPENTAX K-5を購入しました。

キヤノンやニコンといったメジャーメーカーのカメラも使ってみたいんですけどね。
35ミリのフルサイズ機と呼ばれる素敵なカメラ・・・使ってみたいな~。
使うことが出来ても無用の長物になるのは確実です。
まぁ、それ以前に激鬼高プライス。
もちろん、APS-Cサイズのタイプでもメジャーメーカーはお高い。
・・・・相変わらずペンタックスから抜け出せません。
多少なりともレンズ資産があるので、他メーカにごっそりとチェンジは出来ません。

カメラ市場で現在中心?のミラーレス機も気になります。
SONYのNEXうんぬんシリーズはコンパクトで無駄のないデザインが結構好みです。
でもこのカメラ、カメラを持って撮影と言うよりはレンズを持って撮影しているみたいですよね。
ミラーレス機、数年前から気になっていましたが、今でも購入意欲が盛り上がることが無いようです。
”女性向けオシャレカメラ”に見えてしまいます。
女性の可愛くて、きれいで、華奢な手で使ってもらいたいカメラですね。
小さくてオッサン丸出しの私には似合わないカメラに間違いありません。
今後も導入はないでしょうね・・・きっと・・・おそらく・・・多分。
1度所有して使ってみたら、「ミラーレス最高!」って言うかもしれませんが・・・

写真をジックリ撮るときはファインダーを覗いて写真を撮りたい!
はたから見る撮影者の姿?雰囲気?もファインダーを覗いている方がグッとくるのは間違いありません。
(注:モニター見ながらだと無意識のうちに口が開いてしまうのが恥ずかしいからではありません。)

という訳で(どういう訳?)、ペンタックス、PENTAX、絶賛継続中です。

K-7は購入時に1年だけ使用してからK-5に買い換える予定でした。
今回はK-7を下取ってもらいK-5に3年保証をつけて持ち出し5万円弱の買い替えとなりました。
手にしたK-5は外観がK-7とまったく同じなので買い換えた感動は少ないですね。
数年間はK-5に頑張ってもらう予定です。
「開眼、ISO51200」に大期待です!


nice!(2)  コメント(4) 

フィアット500。オイル・オイルフィルター交換。8,000キロ。 [フィアット500]

030.jpg

ついつい記録を忘れてしまいがちに。
オイル交換のタイミングはジェームスの15パーセントオフ祭りのタイミングです。
今回も上抜きでお願いしました。
この記事が以前のエントリのほぼコピペなのは気のせいです。

総走行距離8,000キロ。
前回交換から6ヶ月経過、3,000キロ走行。

エルフ EXCELLIUM SP-K 5W-40
100パーセント化学合成油。

BOSCHオイルエレメント
部品番号 0 986 452 041

オイル代       4,180円
オイルフィルター  1,100円
15パーセントOFF -792円

合計金額  4,488円

033.jpg

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

納車の喜びを分けてもらいました。フィアット500。 [車]

026.jpg

オシャレ夫婦さん達が新しい車にチェンジするとの情報が・・・
夫婦だけでシッポリと納車の喜びを噛み締める予定だったのかもしれませんが、
サラッ~と御納車に同席させていただきました。
実は1月末の出来事だったりします。

主人公様よりも先にディーラーさんに到着してしまいましたよ。
幸いディーラーの人は誰も声をかけてきませんでした。
流石、都内有名グループのディーラーさんです。
私達夫婦が貧乏夫婦なのを即座に見抜いたんでしょ・・・・

やっぱり新しい車の納車風景はいいですね。
自分の車ではありませんが、ウキウキした気持ちになりますね。
書類の説明が終わり、鍵が渡され、外にある新しい車の操作説明を受けて・・・
新旧の車の前でプチ撮影会が開かれる。
いいですね~新しい車!

024.jpg

納車の儀式が終わったら、2台連なってお食事に出かけました。
2台のかわいらしい車(サイズの事ね)が都内をちょこまか走り回ります。
コンパクトカーは道の狭い都内にぴったりです。
後ろから見ていると、かなり気持ちよさそうに走っていましたよ。

テックハウスグレーもイイ色ですね。

オシャレ夫婦さん!御納車おめでとうございました! 

025.jpg


nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

厄払い。うなぎ価格高騰。 [食]

021.jpg

相変わらずウマウマのうなぎさんですよ。
今回の待ち時間は最長の50分。平日の昼間だったんですけど・・・。

今年初のウナパワーチャージしてきました。
ちなみに、1月17日のお話かもしれません。
かなりお久しぶりのうなぎさん。

ここ山田うなぎ店さん、昨年くらいから一時的?に価格が上がっています。
うなぎ上はもともと2,200円、昨年は2,500円、今年ははさらに上昇して3,000円。
かなりインパクトのある価格帯に入ってきました。
(誰それさんに「ご馳走しますよ」って言っていたのは延期願いたい気持ちです。)

022.jpg

数年前の価格から約1.4倍の価格です。
東京都内の有名店とかの値段はどうなっているのかしら?

お店の方のお話では、うなぎの稚魚の価格がかなり高騰しているらしいです。
うなぎが「うなぎのぼり」してこないので、価格が「うなぎのぼり」になっているのでしょうね。
今年はさらなる値上げも仕方がない状況らしいです。
さすがにこの値段だとパワーチャージの回数も減ってしまうでしょうね。

でも~美味しいんだよな~。

あっ!
佐原訪問の本来の目的は厄払いだったことを、画像でしっかりと記録しておきましょう。

023.jpg


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

カングーにキー照明を追加したよ。簡易式。 [カングー]

日本車ならばイグニッションキーの照明くらい装備されていて当然でしょう。
いや?今はスマートエントリーなるものでキー自体挿入する場所がないのかしら?

今まで乗ってきた車にはキー照明の装備はありませんでした。
もちろん商業車のカングーには装備されていません。
過去に乗ってきた車ではあまり気になりませんでしたが、
カングーのキーの挿入箇所はドーテーじゃなくても分かりにくい。
嫁さんに「明かりを点けて・・・」と御依頼をいただきました。
普通は「明かりを点けないで・・・」と思うのですが・・・・もう、恥じらいもクソも無いようです。

・・・と言うことで、久しぶりにゴソゴソと作業しました。

011.jpg

使用したのは エーモン工業 サイドビューLED(白) No.1876 なる商品。
パッケージの写真がイメージ通りだったのでチョイスしました。

点灯のパターンは、ドアの開閉に連動しているルームランプと同様にしました。
ドアを開けて点灯、ドアを閉めてもしばらくは点灯後ジンワリ消灯。キーを回せば即消灯。
簡易検電テスターを使ってドアの照明と連動している配線を探します。
非常にメンドクサイ作業です。

助手席側のドアステップの内側カバーを力任せにバリバリと外します。

012.jpg

カバーを外すと配線がごっそりと通っているのが見えますので、こちらの束から探します。
どうやらドアの開閉の配線は、マイナス制御しているらしいです。

013.jpg

情事電源?・・常時電源(プラス)はすぐに発見。(注:適当ですので何かしら不具合出るかもよ)

014.jpg

ドアの開閉に連動するマイナス配線を探すのが大変。
普通にマイナス配線ならばボディーアースから取れば余裕の配線ですが、今回はダメです。
コネクタ部の端子をチクリチクリとチェックしていきます。
はじめに取り出したプラス配線にクリップをはさみショートさせないようにドキドキチェック。

015.jpg

なんとかマイナス用の配線を発見。(注:適当ですので何かしら不具合出るかもよ)

プラスとマイナスの2本の配線をステアリングコラムカバーまで引き込みます。
コラムカバーのT20のトルクスネジ3本を外すと、カバーが上下に分かれて取り外しが出来ます。

016.jpg

LED本体を強力な両面テープを使って、上の写真のように貼り付けます。
パッケージにセットされているLED本体用のカバーは使用しません。
コラムカバーとキーシリンダーの間は隙間だらけです。
隙間無くキッチリ設計されている日本車やドイツ車では不可能な取り付け方法です。
ステアリングコラムカバーを取り付ければLED本体はコラムカバーに隠れて見えません。
昼間の点灯テストは無事成功です。(写真は実際より青っぽく見えますね。)

017.jpg

ドアの開閉に連動するルームランプと同様パターンで点灯、消灯していることも確認。
とりあえず、多分、おそらく、配線は成功していると考えられます。

こちらは夜の状態です。結構明るいです。
実際の色はもう少し白に近い色です。

018.jpg

日本車のようにキーシリンダー周りだけが点灯するようにはなっていませんが、
そんなメンドクサイことは僕には無理です。
隙間から光が盛大に漏れていますが、それでもいいのです。大満足なのです。
嫁さんが喜んでいるので大成功なのです。
今回のキー照明の超カスタマイズ費用は500円くらいなのです。

おわり。

 

エーモン 1876 サイドビューLED 白

エーモン 1876 サイドビューLED 白

  • 出版社/メーカー: エーモン工業(amonkogyo)
  • メディア: Automotive
 
 
 
 
 
 
 

nice!(3)  コメント(14) 
共通テーマ:自動車

カングー 車検 3年目の初回車検 [カングー]

020.jpg

カングーを購入してから3年目の初回車検を取得しました。
初回車検は、余程の事故をしていない限りユーザー車検でも合格可能なのは経験済みです。
この時は嫁さんが挑戦して見事に合格しました。

今回もコスト面でユーザー車検を考えたのですが・・・
今回ばかりは正規ルノーディーラーで車検を取得する必要がありました。
ルノー・新車延長保証に加入する為です。
保証の加入条件に正規ルノーディーラーでの車検取得の条件がありました。
マイディーラーさんも「車検代は頑張ります」と言ってくれたので、お願いしました。

車検時はエンジンオイルや各種フィルターの交換時期ではありませんでした。
基本的な車検代のみで消耗品等の交換部品はリアのハブナット以外は発生しませんでした。
下回りの洗浄等も遠慮させていただいて・・・・早期予約割引等も利用させていただいて・・・・

カングーの初回車検(3年目)記録

総走行距離 32,000キロ

自賠責保険             24,950円
重量税               30,000円
印紙代                 1,100円
もろもろ代(各種割引駆使)     36,550円
車検代合計             92,600円
ルノー延長保証料(2年)     157,400円
支払い総合計          250,000円

車検作業以外にお願いした事。

◎納車から気になっていたフロント足回りからの小さなコトコト音の対策。
→フロントのアッパーマウント交換(予想修理)
→部品の交換のおかげ?足回りを分解組み立てしたおかげ?・・直ったっぽい。

◎リアシートのヘッドレストの取り付け部破損。
→リアヘッドレストホルダー交換。

カングーは嫁さん共々、お気に入りのクルマです。
ルノーの延長保証はかなり高額でしたが、突然高額な修理費が発生するほうが辛いです。
保証料は安心料?修繕費?として先払いしました。
引き続きカングーライフを楽しみたいと思います。

019.jpg
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車